中野区・杉並区・心療内科・精神科|新中野FKクリニック

中野区の精神科・心療内科のクリニック うつ病、パニック障害、双極Ⅱ型障害、強迫性障害の治療。オンラインカウンセリング・WAIS-Ⅳ。

うつ病 / パニック障害 / 強迫性障害 / 社交不安障害 / ADHD / 適応障害 / 不眠症

ホームブログ2020年 ≫ 5月 ≫

2020年5月の記事:ブログ

カウンセリングとは

以前のブログで、カウンセリングの枠としての外側の構造をご説明しましたが、今回はカウンセリングの中身について簡単にご説明させていただきます。

カウンセリングとは、何らかの悩みや課題を抱えて来談された方が、臨床心理士との対話を通して、少しでも円滑に日常生活を送られるようになるための心理的援助のことです。 

対象となる相談内容は、【精神的・身体的な症状】【仕事・学校・家庭などの生活】【人間関係】【性格、人生】など多岐に渡ります。

明確なものだけでなく、漠然と感じられている不調感や不満足感などもご相談内容としてお受けしています。

当院では、マインドフルネスやリラクセーション法など、認知や行動の面から心にアプローチしていく認知行動療法の考え方や、夢や描画、言葉などのイメージ表現から心にアプローチしていく深層心理学的な考え方を用いて、それぞれに合った心理的支援が何かを柔軟に考えながらお話を聞かせていただいております。
 

お話されることはお一人お一人違っても、どの相談もこれまでの生活や生き方を振り返り、これからを考えていくきっかけになることが多いように感じられます。

また、カウンセリングを受けようか迷っておられる方は、何とか解決しようと、これまでご自分の力で一生懸命向き合ってこられたと思います。

臨床心理士は、その悩まれてきた時間を尊重し、時に心理学的立場から助言することはあっても、それ以上に、来談された方の主体的に話されるお話に耳を傾け、何とかわかろうとする姿勢を持って、これまでお一人で抱えられてきた負担を共に感じながら、一緒に考えていくことを大事にさせていただきます。

カウンセリングという場でじっくりとお話しされていくことで、その時間を、自分の思いや気持ちを発見したり、考えをまとめていったり、自分なりの解決策を見つけ出していったりすることに繋がる時間にしていただけたらと思っております。

 

なお、カウンセリングで知りえたことなど、プライバシーは厳重にお守りしますので、安心してご相談ください。

 

文責:伊藤(カウンセラー)

2020年05月25日 22:50

オンラインカウンセリング|新中野FKクリニック

新型コロナ・ウィルスの影響から、在宅でも行うことのできる臨床心理士・公認心理士によるオンラインカウンセリングを開始しました。

ご予約をご希望される方は、メールフォームよりお問い合わせください。

遠方の方、お忙しい方、時間がない方、あるいは新型コロナ・ウィルスの影響で来院を控えたい方に対してオンラインカウンセリングを開始いたしました。
当院のオンラインカウンセリングではクロンという安全性の高い医療用遠隔治療のソフトを使用て行います。患者様にはスマートフォンを使用していただきます。
カウンセリングに集中し、プライバシーを守るために周囲に人のいない静かで安心できる状況をご用意ください。

オンラインカウンセリングの利点としては:①通院の時間や交通費が節約できます②ご自宅に居ながらにしてリラックスしてカウンセリングが受けられます。③社会不安障害やパニック障害の方にとって、外出や知らない人に会うこと自体がストレスとなっているためオンラインカウンセリングが有効です。

ただし初回のみご来院いただき、対面でカウンセリングをお受けください。その際、オンラインカウンセリングの注意事項につきご説明します。また、来院時には保険証など身分を証明できるものをご持参ください。
医療機関に通院中の方は、主治医にご相談の上、紹介状をお持ちください。
お住まいが遠方のため、ご来院がどうしても難しい場合はご予約時のメールでご相談ください。

 

2020年05月22日 18:00

カウンセリングの『枠』-時間・場所・料金-

カウンセリングを受けた方や、受けられている方はご存知だと思いますが、カウンセリングを行っていく上で、いくつかの決まりごとを設定しています。
それは、カウンセリングの場を作るともいえる『時間』、『場所』、『料金』です。
なぜ、そのような設定があるのか、カウンセラーや施設側の理由もありますが、今回はカウンセリングを受けられる方の側の理由を一部取り上げてみたいと思います。
日常生活の例を挙げながら1つずつ考えてみます。
これまで習い事をされたことのある方は、その場面を思い浮かべてみてください。
 
まずは『時間』についてです。
習い事を始めたばかりの頃は、「○曜日は○○」と意識して思い出していたものが、通い続けるうちに、自然と「今日は○○か」と生活の一部になっていたという経験があるのではないでしょうか。また、決められた時間の中で取り組むからこそ、その時間は自分の時間と感じられたり、習うことに没頭できる時間になっていたのではないかと思います。
そもそもカウンセリングは、毎週1回や2週に1回、月に1回など同じ頻度で、同じ曜日の同じ時間に行います。
そのような『時間』が定められているという制限があることで、自分のことに目を向ける習慣ができたり、○曜日の○時は誰にも邪魔されない「自分だけの時間」と感じたり、真剣に悩みごとや困りごとに向き合おうと思える時間になるのではないかと思います。
これが、カウンセリングを行う上で、『時間』のお約束をさせていただく理由のいくつかです。
 
次に『場所』についてです。
習い事の例で言えば、時々で場所は変わらず、同じ場所で行うことがほとんどだったと思います。その中で、楽しいと感じたり、上手くいかずにつらいと思ったりなど、さまざまな気持ちが湧いても、「ここだからできる」というように、目的を見失わずに取り組んでいけたこともあったのではないでしょうか。
カウンセリングも原則として同じ部屋で行います。自分のことをお話ししていく中で、大変だなと感じたり、逃げ出したくなるときがあったとき、カウンセリングを行う『部屋』が自分と向き合うことを後押ししてくれたり、支えになることもあるように思います。また、ここで頑張れたという実感を強めてくれたり、他の人に邪魔されない中で話ができるという安心感が持てるということも、『場所』が定められている理由として挙げられます。
 
最後は『料金』についてです。
習い事をする際には、月に定額の料金を払うことが定められていると思います。現実的な話ですが、料金を支払うことで、「せっかく払っているんだから・・」と積極的になったり、能動的に活動に向かったときがあったのではないでしょうか。また、お休みしたり辞めたりするときには「申し訳ないな」という気持ちが湧いても、「お金を払っている/払わないのだから」とどこかで思えた経験があるのではないでしょうか。これは、『料金』が、個人的に親しい関係ではない、あくまで先生と生徒など、目的を叶えていくための関係性を守るものとして機能するためと言えます。
カウンセリングでも料金が決まっていることで、真剣に自分のことに向き合おうという気持ちを強めてくれたり、自分のことを自分のこととして考えていくきっかけにもなるように感じられます。また、カウンセリングを調べてみると、その料金の高さを感じるのではないかと思います。もしかすると、それによって躊躇われるという方もいらっしゃるかもしれません。ただ、見方を変えれば、気軽にできないものだからこそ、それでも受けようと思えたとき、『時間』と『場所』の枠組みも相まって、カウンセリングが「自分だけの時間」としてより強く感じられるのではないかと思います。これがカウンセリングを行う上で『料金』が定められている理由として挙げられます。
 
以上、今回はカウンセリングを支えている枠組みについてお話をさせていただきました。
私自身、日々生活している中で、急速に変化していく現代は、自分がいつどうなるのかわからないという不安を起こしやすくしているのではないかと感じています。そのような時代の流れを考えると、時間をたっぷりと使うカウンセリングは、時代を逆行するものなのかもしれません。ただ、自分の心をじっと見つめて、その声に耳をすませていく体験は、時代の流れに埋もれていかない自分との出会いの時間になるようにも思います。
 
カウンセリングにご興味のある方は、メールフォームよりお問い合わせください。なお、ご予約ではなく、カウンセリングや心理検査に関するご質問も受けつけておりますので、お気軽にお問い合わせください。
 
文責:伊藤(カウンセラー)
 
2020年05月19日 22:10

ご予約はお電話で03-3229-2169

新中野FKクリニック

〒164-0012
東京都中野区本町6-16-12
新中野FKビル5F

診療時間
10:00~13:00
14:30~18:00
休診日 月曜午後・木・日・祝日

モバイルサイト

新中野FKクリニックスマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら